状況から…察する⁈

察する

 

「自分が出来ないから怒らせている」

 

察する能力って、どこまで必要なのでしょうか?
相手を察することに長けてしまうばかりに、
自分の心が疲れてしまう方は多いように思います。

 

確かに察することで、相手は心地いいでしょう。
必要ではないとも言えません。
ですが、本来はその心地よさは自分に向けなくてはいけないのです。
わがまま、傲慢になれ!ということではありません。

 

相手には、あるがままを見ることで十分なんです。
自分には、自分が心地よくなるためには何が必要か?を察するんです。
察するのは自分に向けて。

 

職場や学校でも、相手を察することが「思いやり」と取られるように感じますが、
怒っている相手、悲しんでいる相手、困っている相手に対して、
本心から「そうなんだね…」
その言葉だけで十分思いは伝わるのではないかな?と感じます。

 

自分の心を察する。それをどうかな?と相手に伝える。
円滑な職場・学校・家庭などの人間関係に
一番必要なことだと思うんですが、どうですか?

 

上司の顔色伺い、察すること。
相手の思う理想を察しようとしてない?
伝える方法を考えてみてください。
本当は………そう感じる自分を察してみてくださいね。

 

投稿者プロフィール

中西知由紀
中西知由紀
一度ほっこりする時間を一緒に過ごしませんか?
そして、ゆっくり歩みましょ?
お側についております…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。