援助者よ、ありがとう!

ケガ

 

ちょっとした不注意?で右足を負傷してしまいました💦
包帯でグルグル巻きになった足を引きずりながら、
お家の中をいつものように用事をこなしていると…

 

「ママ、結構鬱陶しい!じっとしとき!」と娘の鋭い声(笑)
「うろちょろ、邪魔!やったるから言えや!」と、息子の声(笑)

 

で、子供達が各自何やらやってくれている…!助かった!!

 

痛みってどうしても冷静な判断ができず、普段より多めの行動になっているようです。
「ギャー」と、声が出てくるだけじゃなく、時間もかかる!

 

日々自分がしないと、誰がやるの?と思っていましたが、
意外と、私がしなくてもそれを必要な人が
必要な分だけやってくれているんですね。

 

後は、それを「ゲっ!全くもう!」と、とるか
「すまない!ありがとう!」とゆだねるか…

 

せねば!という思考でパンパンの足を引きずっていましたが、
助けられて、何とかなっていく。

 

そして不思議と、ありがとう!ありがとう!の言葉に
両者円満!!…と、思ってる(笑)

 

辛い時は素直に「助けて!」「手伝って!」と援助者を呼ぶことを
学んだのでした…

 

…「ママ、蹴って良い?」と、悪魔のささやきもあった事も記しておきます!
(コノヤロー!鬼だな、キミら!笑)

 

投稿者プロフィール

中西知由紀
中西知由紀
一度ほっこりする時間を一緒に過ごしませんか?
そして、ゆっくり歩みましょ?
お側についております…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。