誰にも必要とされていない人なんていません

大切な人

 

「誰にも、自分は必要とされてはいない」

 

衝撃的な言葉ですね。
ですが、誰でもこの気持ちを持ちうることはあります。

 

実際に発することはなくても、何度も失敗を繰り返したり、
思う結果が得られなかったり、予想外の出来事が起きたりすると
自分に恐ろしく厳しくなってしまいます。

 

そして、上記のような言葉を思い浮かべてしまう…
自尊感情を急激に刺激してしまうんですよね。

 

人は何かに貢献していると、必要とされていることに
喜びを感じる生き物。そこが挫かれたとき
全てをひっくるめて自分を否定してしまう。

 

混同せずに一つ一つ正確に見つめることができれば、
ここまで追いつめられることはなかったのに…
一緒にしてしまうくらいの出来事だったんですよね。

 

だけど少し考えなおしてみませんか?
この件、あるいはこの場所、今回は…と、
限定的に考えてみる。

 

誰にも必要とされていない、なんてことはない。
拡大解釈をしないでくださいね。

 

どうしてもその思考から抜けられない時は、
カウンセリングをいたしましょうか。

 

紐解きながら、思考の癖・過去からの思い込みなど
ご自身を知るお手伝いをさせてください。

 

何度もいいます。
「誰にも必要とされていない人間なんていません!」

 

そして、この思考を甘えと言ったり、嘲笑ったりする人へ。
あなたも、きっと何かにお疲れなんですよね。

 

投稿者プロフィール

中西知由紀
中西知由紀
一度ほっこりする時間を一緒に過ごしませんか?
そして、ゆっくり歩みましょ?
お側についております…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。