時が流れたら

過去の記憶

 

悲しみの渦中にいると
ただその悲しい気持ちを受け止めるだけに
留まらず、それまでの過去の出来事にも
疑いを持ちはじめてしまう…

 

本当はあの時、上手くいっていた気がしていて
けれど、違っていたの?
勘違いで進んでいた自分って、
情けない…ばかみたい…

 

そこまで思うくらい今辛いんだよね…
全部ウソだったの?って思うくらい
悲しいんだね…

 

だけどね。
出来事と、感情を一緒に考えてしまっては
良い思い出となる出来事も
感情の重みに潰されて、
あなたの幸せだった記憶も全部黒く
塗りつぶされてしまう。

 

あなたが笑っていた出来事は
楽しかった事実。
たとえ過去の記憶でも
それは事実の出来事。

 

悲しいのは、「今」の事実。
振り返ってすべてを「悲しい事実」
にしてしまわないでね。

 

大丈夫。明日は今日とは違うから。
進んでるから。大丈夫だからね。

 

投稿者プロフィール

中西知由紀
中西知由紀
一度ほっこりする時間を一緒に過ごしませんか?
そして、ゆっくり歩みましょ?
お側についております…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。