良かれと思って…

優しさ

 

相手のことを考えるあまり、
つい小言を言ったりお説教をしてみたり
時に尻拭いのようなことになったり…

 

イネイブリングというのですが、
相手が良かれと思ってやっているのに
結果的に相手が解決すべき問題を引き受けてしまう。

 

そして、手を貸している方が疲弊してしまう…

 

子育て中にもあるあるです(笑)
小学校の時に、子供が体操服を忘れてしまい
学校に届ける…何てことなかったですか?

(このあと子供は必ず親から小言を言われペロっと舌を出したり… 笑)

 

言う方もストレスが溜まります‼

 

ささいな例でしたが、実は
本人が自分の行動の結果を引き受けて、
「困る」という経験で学ぶこともあります。

 

放置・放任とは違いますよ。

 

イネイブリングをやめることで、
「やってあげないと!」と拘束されていた気持ちは
楽になるかもしれません。

 

初めは、イネイブリングをやめることは
難しいかもしれませんね。
だけど、これもお相手の為。

 

自分ばかりがしんどい!と思われる場面があった時
ちょっと考えても良いかもしれませんね。

 

(イネイブリングはよく依存症などに使われる用語ではありますが、
どんな場面でも適応できることだと感じています)

 

投稿者プロフィール

中西知由紀
中西知由紀
一度ほっこりする時間を一緒に過ごしませんか?
そして、ゆっくり歩みましょ?
お側についております…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。