先延ばし病

陰と陽

 

私には今、挑まないといけないことがあります。
が、どうしても「そこ」に気持ちをもっていけない…

 

初めはそれよりも優先順位が高い項目に必死で
「これが片付いたら…」と、頭の片隅に置いてありました。

 

実際優先順位の高い項目にもメドがたった今。
「そこ」に挑む勇気が持てない…

 

自分を違った位置から観察していると、
その理由も明らかになっていきました。

 

「失敗してしまう自分」「落ち込む自分」
「理想に叶わない自分」「評価をしてしまう自分」
「向き合う時間が長くなり、疲弊することを恐れている自分」

 

など、起こるか起こらないかの確立を思い込みによって
先延ばしを選択している。

 

これは、心理学でいう「自動思考の罠」なんですよね。

 

実際に失敗は許されない事なのですが、
命を取られるかも、くらいの勢いにまで膨れ上がる思い(笑)

 

心配事が実際に起こる確率は4%。
80%は起こらないし、残りの20%のうち16%は
準備で対応が可能…ほぼ取り越し苦労…

 

この認知の歪みは、自分で調整可能なはずなんです。

 

ネガティブな感情自体は悪いことではありません。
が、自分を信じる気持ちが低下することにより
日々の行動や感情に影響が出るようなら、
きちんと向き合わないといけないと思うのです。

 

一つ一つの思い込みを大人の自分の言葉で勇気づけをしていく。
そして、この「先延ばし病」を克服していこうと思っています。

 

「不安になるのも、すごくわかる!
でもさ、実際やってみないとわからないんじゃない?」

 

この言葉が今の私から放たれたときが
「それ」のスタートだと思っています。

 

「やる気」と、「不安」の戦いです(笑)

 

投稿者プロフィール

中西知由紀
中西知由紀
一度ほっこりする時間を一緒に過ごしませんか?
そして、ゆっくり歩みましょ?
お側についております…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。