お年玉

お年玉

ページが見つからないトラブルとなった為再編しました。

 

いくつまでお年玉をもらっていましたか?

 

社会人になった息子は妹に初めてのお年玉を渡していました。
3通のポチ袋を用意し、それぞれに2千円・5千円・1万円を入れ
くじを引かせていました(笑)

 

妹は一発で1万円のポチ袋をゲット! すると兄は、空のポチ袋を増やし、
2千円・5千円・空を選ばせ、「空を引いたら没収な!(笑)」
妹は、5千円ゲット!!そしてまた空のポチ袋を増やし、
「空を引いたら全額没収な。やるか?(笑)」
「もうやめる!(笑)」

 

新年早々なんとギャンブラーな子達…私は心の中で
(没収されて泣かないでよ~)とヒヤヒヤしながら見守っていました(笑)

 

妹にお年玉をあげられるようになった兄は、
自分の力で出来た 自分自身に対する誇りと、
また喜ばせられるようになりたいという意欲があふれたと、
教えてくれました。

 

妹は兄が朝早く起きてクタクタで帰ってくる姿を毎日見ています。
「にいにいからこんなにもらった!大事にしたいから
貯金して欲しい!!」と私に預けにきました。

 

親戚の子の中にはお年玉をもらったことに
「情けなくなった…本気でがんばろうと思う…!」
と、伝えてくる子もいました。

 

あの子達と同じくらいの頃、私はこの「お年玉」に
そこまでの思いがあっただろうか…

 

それぞれが、それぞれの価値観でこの「お年玉」に対する
敬意と重みを感じ、そこにかけてくれた相手の愛情を
受け取り、未来の自分に繋げようとしている。

 

この子達だけではなく、すべての子達の
明るい未来を今よりも輝くことのできる未来を
守っていきたい…そう思う出来事でした。

 

投稿者プロフィール

中西知由紀
中西知由紀
一度ほっこりする時間を一緒に過ごしませんか?
そして、ゆっくり歩みましょ?
お側についております…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。