「2021年はどんな一年でしたか」(くれたけお題#168)

「意味」を見つけ出せる一年でした。

 

父との死別から始まった一年。
若い父は本当に迷惑なくらいファンキーな人でした。
私より若い彼女を紹介されたときは、
「いや、こんなファンキーな父ですがあなたは大丈夫ですか?」
と、思わず真顔で聞いたくらいです(笑)

 

そんな父が大好きでした。が、嫌いな部分もありました。
嫌いな部分が自分に似ていると感じると、
自分を受け入れたくなくなってしまっていました。

 

そこにスポットを当てて、「なぜ?」を繰り返し
深堀して自分に質問をし続けていました。

 

相当苦しい問いかけになりましたが、
他者との違いを自分の判断基準でしか見ていない
了見の狭さを認識することで、
人それぞれの感覚の違いに知れるはずの
知識や知恵、出会いその他諸々を粗末に扱っていたことに
気がつきました。

 

父との関係そのものから得た意味。
学びを与えてくれていた環境。
温かいまなざし。

 

 

「パパ!ありがと!安心して見ててなっ(笑)」

パパ24歳・私4歳

投稿者プロフィール

中西知由紀
中西知由紀
一度ほっこりする時間を一緒に過ごしませんか?
そして、ゆっくり歩みましょ?
お側についております…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。